相続の相談はどのような人にすべきか

2019/01/08 相続

「相続の相談をしたい……」と考えた時に思い浮かぶ相談先はありますか。普段から付き合いのある税理士さん、親の相続の時にお世話になった司法書士さん、取引のある銀行の担当者さんなどが思い浮かんだ場合には、その方にアドバイスを求めればいいでしょう。しかし、そうした適任者が思い浮かばない場合には、ご自身で解決策を考えるか、その解決策を考えるための相談先を探す必要があります。...

もっと読む »

不動産の相続が始まったら、具体的にどうすればいい?

2018/11/20 相続

相続は時間との戦いでもあります。当初は時間に余裕があると思っていても、いざ相続が始まると手続きに苦慮し、気づいたときには期限内にすべてを終わらせるのに四苦八苦するといった人は少なくありません。とくに不動産が遺産に含まれていると、権利関係や物件の調査、遺産分割、相続登記、相続税の申告および納付など、さまざまな手続きが生じます。そこで、本稿では「相続が開始してから具体的にどのように行動していけば...

もっと読む »

相続対策の決め手となる「不動産評価」

2018/11/16 相続

相続財産には現金、株式、貴金属、そして負債も含め、さまざまな種類があります。中でも不動産は相続資産の中心といえるでしょう。不動産は高額になりやすい上、評価方法が複雑であることから、遺族の利害が絡みやすく論争を巻き起こす元になりえます。不動産評価がどのように相続に影響するのかについて見ていきましょう。相続財産の実に4割以上は不動産が占める相続財産に占める不動産の割合は思いのほか高いものです。国...

もっと読む »

賢く活用!暦年贈与のポイントと注意点

2018/11/13 相続

個人から財産を貰った場合に生じる税金を贈与税と呼びます。暦年贈与を活用することで、この税金負担を軽くすることができます。本稿では、暦年贈与のポイントと注意点について説明します。暦年贈与とは贈与税は贈与する金額が大きくなればなるほど税率も高くなります。110万円を控除した後の金額が200万円以下であれば10%。3,000万円を超えると55%もの税率になってしまいます。しかし、年間110万円まで...

もっと読む »

よりよく人生を終えるために「エンディングノート」はどう書いたらいい?

2018/11/05 相続

近頃「エンディングノート」が注目を集めています。人生のエンディングのために思いを記すという特性上、あまり大々的に宣伝はしていないものの、大型書店やネット通販などで入手することができます。エンディングノートというと何やら悲壮な響きがありますが、実はそうでもありません。生きているうちに思いの丈(たけ)を綴るのですから、堅く構えたりせず、等身大の自分をご家族に伝えてあげればいいのです。今回は、エン...

もっと読む »

遺された親族のために、遺言書の意義と効力ある作成方法を学ぶ

2018/08/24 相続

遺言書は、遺された人たちに自分の思いを伝える大切な手段です。しかし、遺言書は所定の形式に則って作成しないと、法的拘束力を持たない場合があります。本稿では、遺言書を作成するときに注意しておきたい、遺言書の内容や形式について概要をお伝えします。いつ作成したらよいのか遺言書の目的は人によってさまざまです。ただし、遺言書には、遺言書として認められるための形式や条件があり、それらを満たさないと無効と判...

もっと読む »

親族が集う盆暮れに向けて知っておきたい、個人財産贈与・相続の流れ

2018/08/09 相続

自分の財産の相続や贈与を考えるというのは大切なことですが、人の性として、わかっていても自分の万一を想像するのは辛いものでしょう。しかしながら、相続は往々にしてトラブルの元となる可能性があります。いざというとき、遺された人々が悲しい思いをしないために、盆暮れなどの親族が集まるタイミングで、自分の意向を伝えることを検討してみてはいかがでしょうか。贈与と相続、はじめの一歩個人財産の贈与や相続につい...

もっと読む »

お盆だからこそ話しておきたい、「争続」回避のための遺産分割

2018/08/09 相続

相続について考えたことはあるでしょうか。「私の家族は仲が良いので相続トラブルなんて無縁の話」、「そもそも相続トラブルが起こる程の財産は持っていない」、とお考えの方は要注意かもしれません。遺言書があっても、場合によっては相続問題をきっかけに、大切な家族の関係が険悪になることもあるものです。このようなトラブルを引き起こさないためにも、家族が集まるこのお盆を機会に、ご自身の財産について話し合ってみ...

もっと読む »

相続財産を管理するのは誰?家族がいない場合は?

2018/07/17 相続

亡くなった人の財産は、法定相続人や遺贈者に相続されます。それでは、財産の相続方法が決まるまではいったいだれが管理するのでしょうか。もし、財産の管理ができていなければ、不当に財産を使われてしまう可能性があります。相続人が見つからない場合は国のものとなってしまうかもしれません。この記事では相続財産の管理について、家族がいる場合とそうでない場合に分けて解説します。生前からの相続対策を考えるなら、民...

もっと読む »

個人年金と相続対策についてのあれこれ

2018/06/29 相続

相続税の非課税枠を活用する方法として生命保険の死亡保険金を活用する手法はよく知られています。死亡保険金は、相続税法第三条を根拠として500万円×法定相続人の数の金額が相続財産から控除されるものです。被相続人が亡くなってから支給される死亡退職金も同様に500万円×法定相続人の金額の控除枠があります。それでは、個人年金という形で保険金を受け取った場合や、企業から年金を受け...

もっと読む »

公式Twitterアカウント

※当サイトの記事は掲載日時点の税制・関係法令などに基づき記載して製作したものです。今後税務の取り扱いなどが変わる場合もございますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。