資産運用
2018/02/13

ハイエンド層注目のプライベート・バンキングサービスとは

(写真=Kiev.Victor/Shutterstock.com)
(写真=Kiev.Victor/Shutterstock.com)
日本では「富裕層」が増加しています。2016年における日本で100万ドル以上の資産を保有する人は前年から1.7%増え、120万世帯に達しました。富裕層の増加に伴い、昨今は「プライベート・バンキングサービス」が富裕層向けの金融サービスとして注目され始めています。プライベート・バンキングサービスとはどのような金融サービスなのでしょうか。

ハイエンド層には一人ひとりにあったコンサルティングが必要


不動産などの資産を相続してきた代々の資産家、医師や弁護士、芸能人やスポーツ選手、アーティスト、急成長したベンチャー企業の起業家、高額報酬に加えてストックオプションを行使できる外資系企業の役員なども富裕層に含まれます。
富裕層の職業は多岐にわたることから、資産運用の目的やスタイルも多様化しています。特に一代で財を築いた富裕層は、節税対策を施して資産を守りながらも積極的に投資・運用して資産を増やすことや、次世代の育成への投資、そして事業承継対策にも強い関心を示しています。

また、国内の低金利の影響もあり、グローバルな資産運用にも積極的な富裕層が増えています。そのため、金融サービスにおいても一人ひとりのニーズにカスタマイズした資産運用プランを提供する必要性があります。

プライベート・バンキングサービスとは


このような多様な富裕層の一人ひとりのニーズに対応するための金融サービスとして注目されているのが、プライベート・バンキングサービスです。

プライベート・バンキングサービスは、富裕層のお客様に対して総合的な資産管理を提供するサービスです。サービスを提供する金融機関は、銀行、信託、証券、不動産など、金融機関が抱える金融商品を連携させてお客様ごとに資産をカスタマイズして管理します。

プライベート・バンキングサービスの内容は金融機関ごとに異なりますが、資産管理、資産運用、事業承継、資産継承などが主です。また、プライベート・バンキングサービスならではのサービスにコンシェルジュサービスがあります。これは単に資産管理を行うだけでなく、お客様の人生のパートナーとして、より広範囲で専門的なサポートを提供するサービスです。

例えば節税や資金調達のアドバイス、弁護士や医師などの専門家の紹介、慈善事業の支援や財団設立のコンサルティングを展開しています。子どもの留学支援や結婚相談など、ライフイベントもサポートしてくれます。

一人ひとりに密着したサービスを提供するプライベート・バンキングサービスは、一定以上の資産を持つ人を対象としていますが、一般的には金融資産1億円以上が目安とされています。

>> 【無料eBookプレゼント】「相続トラブル」に巻き込まれないためには?

プライベートバンカーに相談するメリット


プライベート・バンキングサービスの担当者となるのは、プライベートバンカーと呼ばれる資産管理のスペシャリストです。プライベートバンカーには高度な資産管理のスキルが求められるため、金融機関の中でも選りすぐりの人材が配置されます。プライベートバンカーに資産管理を相談する最大のメリットは、顧客ライフスタイルに最適化されたオーダーメイドの資産運用や管理が提供されることです。

担当となったプライベートバンカーは、顧客の顕在化されたニーズだけでなく、顧客自身が気付いていない潜在的なニーズまで理解するために、面談には多くの時間を費やします。面談で顧客の資産状況、資産運用の目標、人生設計、リスクに対する許容度、課題などを把握します。

プライベートバンカーは面談を経て、最適な資産管理を提案して実行に移すだけでなく、専門知識や広い人脈を活用して顧客の人生におけるさまざまな課題を解決するために尽力します。

より豊かな人生を送るためのプライベート・バンキングサービス

 

資産が大きければ大きいほど、その管理や運用には高度なスキルや時間が必要になってきます。しかしそのことに貴重な労力や時間を割くのは、豊かな人生を送るためには障害にもなり得ます。信頼できる人生の伴走者としてのプライベートバンカーを見つけ、プライベート・バンキングサービスを活用すると、より充実した時間と安心を確保できるかもしれません。


>> 【無料eBookプレゼント】「相続トラブル」に巻き込まれないためには?

>>お金の専門家に相談してみる

>>おすすめセミナーはこちら

 

【オススメ記事】
要注意!自分の資産、しっかり把握できていますか?
今さら聞けない保険の見直しポイント3つ
遺言信託のメリット・デメリットとは?
高級感あふれるプライベート空間「プレミアサロンうらわ」訪問記
プレミアサロン ご相談・ご予約はこちら

PREV 比較ですっきり、非課税制度~NISA・つみたてNISA ・iDeCo~
NEXT 今さら聞けない保険の見直しポイント3つ

関連記事