ライフ
2018/06/01

退職後にのんびり訪れたい日本の旅スポット【ダイジェスト】

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
退職は、長年の多忙な生活にピリオドを打つ人生の節目です。現役時代には難しかった旅の計画を立ててみてはいかがでしょうか。日本全国の観光スポットの中には、ゆっくりと滞在することで、その魅力を味わい尽くせる場所がいくつかあります。ここでは、時間の余裕がある大人の旅にふさわしい国内の観光スポットを8ヵ所厳選し、ダイジェストとして紹介します。

【北海道】礼文島

おすすめの旅目的:トレッキング

北海道の日本海側にある、国内最北端の離島です。礼文島(れぶんとう)は「花の浮島」と呼ばれるほど、珍しい花や高山植物と出会えます。島内にはフットパスと呼ばれる6つのトレッキングコースが整備され、「岬めぐりコース」は世界で礼文島にだけ咲くレブンアツモリソウ群生地を回る人気のコースです。

【秋田】乳頭温泉郷

おすすめの旅目的:秘湯・ブナの原生林

乳頭温泉郷は、十和田湖から八幡平に広がる国立公園内に湧く、七つの温泉の総称です。七湯それぞれが独自の源泉で、江戸時代まで歴史をさかのぼることができる秘湯の宿や、湯治宿で泉質すぐれた湯を堪能できます。周辺はブナの原生林に囲まれており、緑まぶしい空吹湿原やミズバショウ群生地まで気軽に散策を楽しめます。

【岐阜】白川郷

おすすめの旅目的:合掌造り(世界遺産)

見どころは、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産登録で名高い「白川郷・五箇山の合掌造り集落」です。水田に切妻合掌造りが映える様子は、まさに日本の原風景です。白川郷には合掌造りの建物を宿にした民宿や、地元で採れる山菜や川魚を提供する食事処など、ふるさとに帰って来たような穏やかな時間を過ごすことができます。

【和歌山】熊野古道

おすすめの旅目的:古道散策(世界遺産)

紀伊半島の山中を通る熊野三社への参詣道を「熊野古道」と呼び、世界遺産にも登録されています。なかでも、熊野那智大社周辺に残る大門坂から那智の滝へのコースが人気です。石畳の大門坂は平安時代の参詣姿で散策する観光客で知られており、街道の雰囲気も満点です。大雲取越など、険しい峠越えのトレッキングが楽しめる上級者コースも整備されています。

>> 【無料eBookプレゼント】「相続トラブル」に巻き込まれないためには?

【島根】足立美術館

おすすめの旅目的:「日本一」の庭園

アメリカの日本庭園専門誌で、15年連続して国内ランキング第1位を獲得している日本庭園が見事です。周辺の山々を借景に据えた見事な構成で、日常の時間を忘れることができます。庭園は枯山水庭や苔庭、白砂青松庭などの6種類のエリアに分かれ、四季の変化を巧みに計算した壮大な庭は一見の価値ありです。

【愛媛】下灘駅

おすすめの旅目的:夕日・観光列車「伊予灘ものがたり」

「日本で一番海に近い駅」と呼ばれたこともある、美しい夕日が見える無人駅です。映画やドラマ、CMのロケ地として、青春18きっぷのポスターでもおなじみの穏やかな海が楽しめます。

JR四国が運行する観光列車「伊予灘ものがたり」の人気も急上昇中で、和のテイストで統一された車内でゆったりした旅の時間が過ぎていきます。地元の食材を使った料理や地ビールにオリジナルカクテル、みかんジュースなども用意されています。

【佐賀】有田

おすすめの旅目的:有田焼の窯元めぐり

日本を代表する磁器の一大産地で、町には窯元や陶磁器店が軒を連ねます。ろくろや絵付けの体験、熟練した職人の技を見ることができる工場見学まで、有田焼を存分に楽しむことができます。郊外には源泉かけ流しの地元で人気の有田温泉があり、美肌効果があるヌルヌルした温泉が特徴です。

【沖縄】与那国島

おすすめの旅目的:国境の島・海底遺跡

日本最西端の国境の島です。西崎(いりざき)にある日本最西端の碑からは、与那国島ののどかな景色とどこまでも続く水平線を一望できます。与那国島を有名にした「海底遺跡」へは、ダイビングショップの体験ダイビングで見学可能です。巨石が階段状になった遺構は古代へのロマンをかき立てます。

山深い秘境から絶景の地、日本の端に位置する島々まで、厳選8スポットを紹介しました。時間をかけてゆっくりと巡る退職後の旅では、これまで実現できなかった、ぜいたくな時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

執筆:株式会社ZUU

>> 【無料eBookプレゼント】「相続トラブル」に巻き込まれないためには?

>>お金の専門家に相談してみる

>>おすすめセミナーはこちら

 

【オススメ記事】
深刻な後継者不足。事業承継で考えたいM&A
不動産を活用し、事業承継をスムーズに!
相続トラブルを防ぐために今できること5つ
事業承継を考える経営者の良き相談相手になるのは?
高級感あふれるプライベート空間「プレミアサロンうらわ」訪問記

PREV 退職後にのんびり訪れたい日本の旅スポット【北海道礼文島編】
NEXT 商談相手に好印象を与える接待・会食のポイント

関連記事