ライフ
2018/10/17

お祭り見物ついでに散策。町ごと楽しめる川越まつりと各スポット

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)
歴史ある関東三大祭のひとつ、「川越まつり」。にぎやかな祭り囃子(ばやし)が響く中、各町で豪華絢爛(けんらん)な山車(だし)が練り歩き、見る人の多くを魅了します。川越氷川祭として例大祭、神幸祭、山車行事と数日かけて行われます。ここでは、ユネスコ無形文化遺産や国指定重要無形民族文化財にも指定されている川越まつりと、お祭りと一緒に楽しめる川越散策スポットを紹介します。

川越とは

埼玉県の中央よりやや南側にあり、人口は35万2,990人(2018年10月1日時点)という大都市である川越市。東京のベッドタウンとして人気の都市でありながら、農業や商工業、流通業も盛んで働き盛りの年代に暮らしやすい街となっています。川越は「小江戸」と称され、江戸の町並みを彷彿(ほうふつ)とさせる蔵造りの町並みでも有名です。長い歴史があるため寺社も多く、一日中散策しても興味が尽きることはないでしょう。

川越まつりとは

川越まつりには長い歴史があります。祭りのはじまり、例大祭が行われる氷川神社は541年(欽明天皇2年)に創建された由緒ある神社です。毎年10月14日に行われる例大祭の後には、神幸祭が行われます。氷川神社の神様が神輿(みこし)に乗り、かつての城下まちを巡行する大切な行事です。現在の川越まつりに例大祭は含まれておらず、山車行事を中心とした川越まつりは、例大祭後の週末2日間にわたって行われます。

この神幸祭で練り歩く豪華絢爛な山車の多くは「江戸系川越型」と呼ばれ、四ツ車または三ツ車と台座の上に二重の鉾(あんどん)を組み、さらにその上に御神像である人形を乗せるという複雑な作りをしています。全部で29台ある山車には金箔や漆がほどこされ、その職人技にも注目したいところです。

山車行事は昼のみならず夜も続きます。初日の18時から約1時間、蔵造りの町並みに山車が飾られ、提灯(ちょうちん)に明かりの灯った夜の山車は、昼間のそれには感じられない特別な空気をかもし出します。

>> 【無料eBookプレゼント】「相続トラブル」に巻き込まれないためには?

ユネスコ無形文化遺産に指定された理由

ユネスコ無形文化遺産に指定されたのは、江戸型山車の巡行と山車の上で舞う囃子の姿に特色がある「川越氷川祭の山車行事」。都市部の祭礼の変遷も知ることができる祭りとして2016年に認定され、国指定の重要無形文化財、33件の祭礼行事で構成された「無形文化一覧表」にも名を連ねています。これは川越まつりの山車行事が、国内だけでなく海外からも「歴史的価値」を認められた証なのです。

ユネスコ無形文化遺産に登録されると、その文化がとだえないよう保護活動が行われていきます。その土地で培われてきた歴史と伝統を後世にも伝えていくためには、文化を守りつなげていく必要があるのです。360年を超える歴史を誇るこの山車行事は、山車を所有する川越各町の組織が支えています。

山車の運行経路、準備や維持管理、曳き手(ひきて)の確保、祭り囃子の囃子連や山車の職人との調整など、その役割は多岐にわたります。しかし、これらの役割を担う後継者が高齢化などを理由に不足していることもあり、ユネスコ無形文化遺産に指定された今、文化の保護に一層力を入れていかなければいけないでしょう。

祭りと一緒に楽しもう!川越の見どころ紹介

最後に、川越まつりと一緒に楽しめる、小江戸・川越の見どころスポットを紹介します。

・蔵造りの町並み

川越市幸町にある有名な歴史的建造物、「時の鐘」をはじめとする建物は、情緒にあふれています。その周辺は蔵造りの町並みとなっており、小江戸・川越を代表する観光スポットとなっています。そこから徒歩で約5分、元町2丁目にある菓子屋横丁にもぜひ立ち寄ってみてください。20軒ほどの菓子屋が並ぶこの通りでは、せんべい、飴玉、カルメ焼などの駄菓子が販売されており、町並みと相まってレトロな空気を楽しめます。

・本丸御殿

1848年、1,025坪という広大な敷地に造営された川越城本丸御殿。現存しているのは玄関と移築された家老詰所のみですが、見ごたえは十分です。埼玉県指定文化財にもなっており、落ち着いた雰囲気で歴史好きはもとよりデートスポットとしても人気があります。

江戸の歴史を感じられる小江戸・川越を満喫しよう

京都から江戸へと国政の中心地が変わったのち、江戸から近い川越は「北の守り」として重要視されたといいます。江戸との物流が盛んに行われ、活気あふれる商人のまちへと発展していきました。明治以降も商業都市として栄え、何度かの大火に見舞われながらも蔵造りの町並みを現代まで維持しています。そんな川越で行われる神事の川越まつりは、地域内外から注目され現在でも多くの人を魅了しています。

大きな山車に響く祭り囃子、活気あふれる曳き手の掛け声。川越の昔を今に残す祭りと町並みをぜひ体感してみてください。

執筆:株式会社ZUU

>> 【無料eBookプレゼント】「相続トラブル」に巻き込まれないためには?

>>お金の専門家に相談してみる
 

【オススメ記事】
富裕層が高級車を買う本当の理由
経営者が高級腕時計を持つ必要性とは?成功者を魅了する人気ブランド
富裕層の間で広がるワイン投資とは?
多くの経営者がトライアスロンにハマる理由とは?
高級感あふれるプライベート空間「プレミアサロンうらわ」訪問記

PREV 日本で1,000億円超の巨大市場と化したハロウィーン、起源と最新事情を探る
NEXT 【埼玉から躍進する起業家インタビュー vol.2】マミーマート株式会社 代表取締役社長 岩崎 裕文 様

関連記事

公式Twitterアカウント

※当サイトの記事は掲載日時点の税制・関係法令などに基づき記載して製作したものです。今後税務の取り扱いなどが変わる場合もございますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。