ライフ
2018/10/18

日本で1,000億円超の巨大市場と化したハロウィーン、起源と最新事情を探る

(写真=Yuganov Konstantin/Shutterstock.com)
(写真=Yuganov Konstantin/Shutterstock.com)
日本でも近年盛り上がりをみせているハロウィーン。バレンタインデー商戦に匹敵するほどの1,000億円超えの市場に発展し、経済・ビジネス業界にとっても見過ごせないイベントになっています。

ハロウィーンの起源

ハロウィーンはキリスト教において聖人を崇敬する祝日「万聖節」の前日となる10月31日に行われます。この万聖節は英語で「All-hallow」を呼ばれており、ハロウィーンは「All-hallow-even」(万聖節の前夜)を略してHalloween(ハロウィーン)と呼ばれるようになりました。

ハロウィーンの起源はヨーロッパで、秋の収穫を祝ったり、悪霊などを追い出したりする意味がもともと含まれたケルト民族のお祭りでした。しかし、アメリカ国内で多くの国民が仮装や装飾などをして楽しむお祭りとして定着し、最近では日本でもハロウィーンに合わせたイベントが多数行われるようになりました。

世界のハロウィーン

アメリカのハロウィーンで有名な行事が、目や鼻や口をくりぬいて模したカボチャの中にロウソクを立て、住宅の玄関などに置く「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれるものです。悪霊を追い払うという意味合いが含まれているため、カボチャの顔はどれも少し怖くしているのが特徴です。

「トリック・オア・トリート」もハロウィーンの恒例行事です。仮装した子どもたちが住宅などをめぐって「トリック・オア・トリート」(ごちそうをください、さもないといたずらしますよ、という趣旨の言葉)と伝え、自分が持っている袋にお菓子を入れてもらうという催しです。これは、地域の子どもたちと地域の大人たちが交流する機会にもなっています。

アメリカでは毎年10月31日にハロウィーンが行われますが、イギリスではアメリカのように10月31日に国中でハロウィーンの催しが行われる形にはなっておらず、11月5日の「ガイ・フォークス・デイ」(ガイ・フォークス・ナイト)では仮装や花火などが行われ、アメリカのハロウィーンのようなムードになります。

>> 【無料eBookプレゼント】「相続トラブル」に巻き込まれないためには?

日本におけるハロウィーン

日本でハロウィーン関係の催しがにわかに行われるようになってきたのは1980年ごろからです。おもちゃ企業がハロウィーンに合わせて関連商品を販売するようになったほか、1997年からは、東京ディズニーリゾートでもハロウィーンイベントが催されるようになってきました。

2010年に入るとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が普及したことも相まって、ハロウィーンのイベントが各地で行われるようになります。テーマパークのほか、神奈川県川崎市でのパレードや渋谷に多くの人が集まる光景がテレビなどで放映されることは、最近では恒例となりつつあります。

バレンタイン並みの市場規模に成長

日本では9月に入ったころから「ハロウィーン商戦」が始まります。百貨店・雑貨店などでも仮装グッズなどが並び、お菓子メーカーもこの時期に限定商品を発売するなど、売り上げを伸ばす取り組みを行っています。ハロウィーン商戦は年々盛り上がりをみせており、一般社団法人・日本記念日協会記念日文化研究所によると、2018年のハロウィーンの推計市場規模は1,240億円に達し、バレンタインデー商戦(2018年・1,300億円)に匹敵する存在にまでなっています。

また、日本においてハロウィーンは市場規模を拡大するだけではなく、街おこしにも活用されるようになっています。千葉県の千葉市や柏市では、仮装コンテストや複数の飲食店が参加する催しも行われるなど、街のことを多くの人に知ってもらうことにもハロウィーンが一役買いました。さらに、埼玉県でも商店街も協力して行われる大宮ハロウィーンフェスティバルは有名です。

そのほかにも、同県内のテーマパークなどでも、この時期ハロウィーンイベントが企画され、にぎわいをみせています。クリスマス商戦の前の「巨大商戦」と化した1,000億円市場のハロウィーン。今後もさまざまな業界や地域で行われると思われる多様な取り組みに注目です。

執筆:株式会社ZUU

>> 【無料eBookプレゼント】「相続トラブル」に巻き込まれないためには?

>>お金の専門家に相談してみる
 

【オススメ記事】
富裕層が高級車を買う本当の理由
経営者が高級腕時計を持つ必要性とは?成功者を魅了する人気ブランド
富裕層の間で広がるワイン投資とは?
多くの経営者がトライアスロンにハマる理由とは?
高級感あふれるプライベート空間「プレミアサロンうらわ」訪問記

PREV 多くの経営者がトライアスロンにハマる理由とは?
NEXT お祭り見物ついでに散策。町ごと楽しめる川越まつりと各スポット

関連記事