「経営権」を意識した対策を!持ち株を相続する場合

2019/01/11 事業承継

通常の相続事案とは異なり、「経営権」が絡む相続の場合は、法定相続通りの分割では混乱をきたしてしまう可能性があります。そこで今回は、経営権を意識した相続対策の注意点について解説します。来る、団塊世代の大量引退少子高齢化が進む日本社会において、中小企業をはじめとする各企業の経営者も高齢化が進んでいます。2018年版「中小企業白書」によると、中小企業の経営者年齢はどんどん上がっており、ここ20年間...

もっと読む »

「医業承継」の流れと税に関する注意点 引退への備えは早めに始めよう

2018/10/22 事業承継

「高齢で診療の継続が難しくなった」「もともと早期リタイヤを考えていた」――。こうした理由から診療所やクリニックを後継者に承継する場合には、承継の流れや概要、税制面の注意点、相続税や贈与税の納税猶予に関する特例制度などを事前に知っておく必要があります。承継は経営者である医師にとっても一大イベント。しっかりとした知識を持って臨むべきです。医業承継の流れと概要を確認まず個人診療所についてですが、親...

もっと読む »

後継者の目線からみる事業承継

2018/08/18 事業承継

後継者は事業承継に対してどのようなスタンスで臨めば良いのでしょうか。事業承継ではヒト・モノ・カネといった経営全般にわたって対策が必要です。後継者へのスムーズな承継を実現するための対策は先代経営者の責務ではありますが、後継者の側でも準備しておくことが望ましいのは言うまでもありません。本稿では、後継者の目線に立ち、事業承継対策を「自分でしておくべきこと」と「先代経営者にお願いしておくべきこと」の...

もっと読む »

事業承継において増加しているM&Aの概要を理解しよう

2018/07/31 事業承継

後継者が親族内で決まっていて、大きな体制変更なく事業承継できる場合にはあまり話に出ませんが、第三者への事業承継の場合や事業特性が大きく異なる事業を一つの会社で保有している場合には、M&Aが検討されます。そこで、組織再編の種類や適している場合などをわかりやすくご紹介します。事業承継においてM&Aが有効な場合事業承継には、次に挙げる3パターンの後継者候補が考えられます。1つめは親...

もっと読む »

事業承継対策として逓増定期保険を活用するときのポイント

2018/06/19 事業承継

2018年度税制改正では事業承継税制の大幅な要件緩和が行われました。中小企業庁は事業承継を円滑化する各種制度について、パンフレットや刊行物を作成して周知しているほか、都道府県に設置された事業引継ぎ支援センターでも積極的に相談対応しています。事業承継を後押しする機運が高まる中、自社でも事業承継対策を始めようと考えている経営者が多いと思います。今回は数多くある事業承継対策の中から、逓増定期保険を...

もっと読む »

生命保険を使った事業承継対策とは?

2018/06/14 事業承継

事業承継では、後継者の選定および教育、株式・資産・債務の承継、自社株評価額の算出、登記の変更、従業員や外部関係者への周知など、さまざま対策が必要となります。今回は、事業承継対策の方法の1つとして、生命保険の活用について説明します。 事業承継対策で生命保険を使うメリット法人が生命保険に加入する目的には、下記の理由が想定されます。①経営者が死亡した時の事業保障資金の確保②法人税等の節税対策③緊急時...

もっと読む »

事業承継対策で役立つ従業員持株会とは?

2018/06/11 事業承継

事業承継対策の1つに、従業員持株会制度の活用があります。今回は、従業員持株会制度の概要や、持株会設立に伴う自社株評価の計算方法、制度を活用する際の会社と従業員双方のメリットとデメリットについて説明します。従業員持株会制度とは従業員持株制度は、従業員が自社の株式を買い取って経営に参画し、会社は従業員に配当金を支払うことで従業員の中長期的な資産形成を支援する制度です。一般的に、株主は、株式の取得...

もっと読む »

事業承継で活用できる補助金とは?

2018/06/06 事業承継

企業が永続的に存続・成長していくために、後継者は既存の事業をそのまま受け継ぐだけでなく、積極的に事業転換や新事業に取り組むことが重要です。そのためには、資金の確保が必要となります。事業承継の準備や設備投資の資金確保の手段として、国の補助金は常に確認しておく必要があります。今回は、事業承継で使える補助金の内容や、補助金を活用する際のメリット・デメリットについて説明します。>> 【無料eBookプ...

もっと読む »

事業承継を成功に導く遺言の活用方法とは?

2018/05/23 事業承継

相続財産には、預金や不動産、有価証券などさまざまな資産が含まれます。事業承継を伴う場合には、その後の会社運営が円滑に進むよう、自社株を後継者に確実に引き継ぐことが大切です。一般的に、相続における紛争を防止する手段として遺言の活用が考えられますが、事業承継においても遺言は力を発揮します。以下では、遺言を活用して事業承継を円滑に行う方法を解説します。事業承継で大切な株式の集中会社法では、株式会社...

もっと読む »

事業承継で考えたい自社株の評価を下げる方法

2018/02/13 事業承継

事業承継では相続税や贈与税をいかに低く抑えるかが課題となります。相続税や贈与税を低く抑えるためには自社株の評価を下げることが重要です。そこで、まずは株式がどのように評価されるのかを理解しておかなければなりません。以下では、相続税や贈与税における株式の評価方法を紹介し、どのようにすれば自社株の評価を下げることができるのかを分かりやすく解説します。また、具体的に評価を下げるための方法もいくつか紹...

もっと読む »

公式Twitterアカウント

※当サイトの記事は掲載日時点の税制・関係法令などに基づき記載して製作したものです。今後税務の取り扱いなどが変わる場合もございますので、記載の内容・数値等は将来にわたって保証されるものではありません。